TOPへ戻る.jpg
ジュエリーのリフォーム_485.jpg
カラーストーンキャンペーン_2021夏.jpg

オパールの指輪をリフォーム|ひびの入った宝石|形見のリフォーム⑧


鮮やかなブルーが印象的な オパールの指輪をリフォーム させて頂きましたので、ご紹介します。


アンティーク風のとても素敵なデザインの指輪。お母様の形見の指輪 だそうです。

よく見ると オパールの内部にひび が入ってしまっているのですが、お母様が遺されたジュエリーの中で、特にこのオパールが気に入っていらっしゃる そう。

「引き継いで使いたい」とのことで、ひび割れに気をつけつつ、谷口宝石で 普段使いしやすいデザイン にリフォームをさせて頂くことになりました。

オパールは谷口宝石でもとくに リフォームのご依頼が多い宝石。1960~70年代頃、まだダイヤモンドやルビーに庶民が手が出せなかった時代に人気を博したのがオパールでした。

そのためでしょうか、おばあちゃんの宝石箱には高確率でオパールが入っているようです。


オパールの魅力は何といっても、光を受けて虹色に煌めく遊色効果。ひとつとして同じものはありません。


よく見かけるホワイトオパールの他にも、クラゲのような不思議な質感のウォーターオパール、宇宙のような深い色合いのブラックオパール、炎のような煌めきのファイヤーオパールなど、たくさん種類があるんですよ。


さて、今回リフォームするのはブラックオパール。黒い背景に浮かぶ鮮やかなブルーが夜空のようですね。


実はオパールは 非常に柔らかく、ひびや傷がつきやすい宝石 です。ですが、ぞれぞれの石が 唯一無比の色合い のため「ひびが入っているけど、リフォームしたい」というご依頼が少なくないんですよ。


谷口宝石では、職人が細心の注意を払いながらリフォームをさせて頂いております。今回はお客様のご希望を伺いつつ、ひびに影響しないデザインを職人が提案 させて頂きました。


リフォームの制作工程をご紹介します。

【1】元の指輪からオパールを取り外しました。

【2】まずは、オパールをしっかりとホールドする枠とリングを制作しました。

【3/4】リングの真ん中に切れ込みを入れて開けば、上下のラインが完成です。

【5】オパールを埋め込んだ枠とリングを組み合わせて…

【6】完成です!

完成した指輪、いかがでしょうか?

ゴージャスな雰囲気だった指輪が、シンプルで普段使いしやすいデザイン に生まれ変わりました。


石をしっかりホールドするデザイン のため、オパールのひびもこれ以上、広がることはないと思います。

お客様も仕上がりを大変気に入ってくださいましたよ。お客様、この度は谷口宝石に形見の指輪のリフォームをご依頼いただきありがとうございました。


形見の宝石 として谷口宝石では非常にリフォームのご依頼の多いオパール。人気の宝石ではないため、現在ではジュエリーショップで見かけることは少なくなりました。どんな石か知らないという方も、いらっしゃるかもしれませんね。


ですが、他の宝石にはない唯一無二の煌めきと見ていて楽しい色の変化 があり、使っているうちにとても愛着が湧いてくる宝石です。谷口宝石としましても、ご祖母様やお母様から引き継がれたら、ぜひリフォームをして末永く使っていただきたい宝石のひとつ です。


ものの硬さ(傷のつきにくさ)を表すモース硬度によると、ダイヤモンドが最高の10、サファイヤ・ルビーが9であるのに対し、オパールは6。

いつかオパールのジュエリーを手にするときが来たら、他のジュエリーとぶつけたりしないように 大切に扱ってあげてくださいね。ちなみに エメラルドも同じく衝撃に脆い性質を持った宝石 なので取り扱いには気をつけましょう。


今回のように、宝石にひびや傷が入っている場合でもリフォームすることが可能 な場合もあります。「割れてしまった…」とあきらめず、お気に入りのオパールや宝石がありましたら、ぜひ一度、谷口宝石にリフォームできないか相談してみてくださいね。


メールやお問い合わせフォームからもお気軽にご相談くださいませ。



■谷口宝石|リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


■谷口宝石|リフォームに関するお問い合わせ

https://www.taniguchi-houseki.com/form


■谷口宝石|ご予約はこちら

https://www.taniguchi-houseki.com/book-online