TOPへ戻る.jpg
ジュエリーのリフォーム_485.jpg
形見のジュエリーをリフォーム01_ミニバナー.jpg

デザインそのまま♪「地金の色」を変えてリフォーム



デザインはそのままで「地金の色」だけを変える珍しいリフォーム実例をご紹介します。


ジュエリーは同じデザインでも 地金の色 でかなり雰囲気が変わります。

クールな印象のプラチナと華やかなゴールド、ジュエリーを購入する際にどちらの地金を選ぶか迷われる方も多いのではないでしょうか。


一般的には、白い肌にはプラチナやピンクゴールド健康的な肌色にはイエローゴールドが似合うと言われていますが、谷口宝石では、比較的若めの方はシンプルな輝きのプラチナを、年を重ねた大人の女性は華やかな輝きのゴールドを好まれる傾向があります。


年齢とともに好みや似合う地金の色も変わるため、谷口宝石では「デザイン」だけでなく、「地金」に関するジュエリーリフォームのご相談も多いんですよ。


今回は お気に入りの指輪の地金をプラチナから18金イエローゴールドに色を変えたい とご相談をいただき、谷口宝石でリフォームをさせて頂きました。


地金の色を変える方法はいくつかありますが、谷口宝石でよく行う方法はこちらの2つ。


【その①】職人が一から作り直す

【その②】似たデザインの既製枠を使う


①は文字通り、当店の職人が頑張って元のジュエリーを参考に、一から同じデザインで作り直します…!


②は、同じようなデザインの 既製の枠をお探し、それを利用する方法です。完全一致とまではいきませんが、職人が一から手作業で作るより加工費用を安く抑える というメリットがあります。


今回は素敵なお花のモチーフ&両サイドにメレダイヤ、という凝ったデザインで、既製のデザイン枠が見つからなかったため、職人が一から手作業でお作りしました。元の指輪にプラスして、使わない別のジュエリーを材料として買取 させて頂いたので、実費をかなり抑えてリフォームすることができましたよ。


制作工程をご紹介します↓


【1】まずは、お花の部分のパーツから作ります。

【2】丸くくりぬいた地金を花のカタチに成形しました。

【3】リングの土台が完成しました。

【4】お花のパーツとリングをロー付けという方法で接着します。

【5】元のジュエリーから外したダイヤモンドを埋め込んでいきます。

【6】綺麗に磨いて完成です!


仕上がりの感じ、いかがでしょうか?

金の地金がパッと明るく輝き、プラチナだったときより華やかな印象のジュエリー に生まれ変わりました♪


ジュエリー製作によく使われる18金は、実はとても硬い金属。純金に25%ほど銅や銀を混ぜて硬くした合金です。


そのため、プラチナよりも加工が難しく、職人の手作業による「鍛造製法」ではデザイン性の高いものは製作が難しいのですが、今回は職人がかなり頑張って ほぼ完璧に近いカタチで再現 しました。


各アングルからの写真もぜひご覧ください↓


お客様もプラチナのときよりも華やかな印象になり、「思い切ってリフォームして良かった!」と大変喜んでくださいました。お客様、この度は数ある宝石店の中から大切なジュエリーのリフォームを谷口宝石にご依頼いただき、本当にありがとうございました。

華やかに生まれ変わったジュエリー、たくさんお使いいただけますと幸いです。


さて、今回は 同じデザインで「地金の色」を変えるリフォーム実例 をご紹介しました。


地金の色を変える場合、リフォームして作り直すより既製品を買った方が安いことも多く、一般的なデザインの場合は まずは似たデザインのジュエリーを探すことをおすすめ しております。

谷口宝石で既製枠を使ってリフォームした場合のお見積りをお調べすることできますので、ぜひ、既製品の価格と比べてみてください。


今回ように凝ったデザインの場合は、同じものはなかなか見つかりませんので 職人の手による作り直し がおすすめです。


加工費や新しい地金の購入費などは掛かりますが、例えばプラチナ → 18金 の場合、不要な18金のジュエリーや貴金属をお持ちいただければ溶かして再利用できますので、かなりのコストダウン になりますよ。


「いやいや、同じデザインにそんなにお金はかけられないです」という方には奥の手が…。


元の地金の上にメッキする という方法です。


金色にするには 純金メッキか18金メッキ、プラチナ色にするにはロジウムメッキ。デザインにもよりますが、費用もリフォームに比べれば格段にリーズナブルです。実際、ホワイトゴールドは、本来クリーム色っぽい地金にロジウムメッキをかけて、美しい白銀色を再現しているんですよ。


ですが、メッキの問題は「永遠」ではないこと

表面をコーティングしているだけなので、使用頻度や経年劣化で色は剥げていきます。ホワイトゴールドのジュエリーを愛用されている方の多くは、数年に一度ロジウムメッキを掛けなおしていらっしゃるのではないのでしょうか?


そのため、谷口宝石ではやはり 地金からしっかり作り直す方法 をお客様におすすめしております。ですが方法としては「あり」ですので、予算に応じてスタッフに相談してみてくださいね。


お気に入りのジュエリーの地金を変えたい、またジュエリーの地金の色についての悩みなどありましたら、どうぞお気軽に谷口宝石までご相談くださいませ。


■谷口宝石|リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


■谷口宝石|リフォームに関するお問い合わせ

https://www.taniguchi-houseki.com/form


■谷口宝石|ご予約はこちら

https://www.taniguchi-houseki.com/book-online

32回の閲覧
bg_red02.jpg
おすすめ記事