TOPへ戻る.jpg
ジュエリーのリフォーム_485.jpg
形見のジュエリーをリフォーム01_ミニバナー.jpg

マーキスサファイアの指輪をリフォーム



マーキスカットのサファイアの指輪を ペンダント&ブレスレットにリフォーム せて頂きましたのでご紹介します。


以前に、マーキスカットのダイヤモンドリングのリフォーム実例をご紹介してから、ダイヤモンド⇒ルビー⇒サファイアと、谷口宝石でマーキスのリフォーム が続いております。


マーキスとは、もともとはフランス語で 侯爵夫人 という意味。繊細なカタチは、蝶の羽や花びら・葉っぱなどの植物をモチーフにした華やかなジュエリーによく使われています。


ラウンド型の宝石と違って 横・縦・斜めと、いろんな角度で配置することができる のがマーキスの良いところ。リフォームの際には、思いがけない面白いデザインのジュエリーが作れたりもしますよ。


今回、お持ちいただいた指輪は、マーキスカットのサファイアを縦に7石、ゆるいV字型に並べたもの。形見のお品物だそうです。


真ん中のサファイアはペンダントトップに、残りの石はブレスレットにリフォームしたい とご希望をいただき、まずは職人がデザイン画を制作させていただきました。


ペンダントトップは一粒を印象的に縦向きに、ブレスレットは横向きにマーキスカットのサファイヤを並べたデザイン。シンプルながらも、マーキスカットのカタチそのものを活かした 普段使いしやすいデザインです


さて、完成したジュエリーがこちらです。ペンダント、ブレスレットともに、ラウンドカットの宝石だとよくある一般的なデザインですが、宝石のカタチがマーキス というだけで、ユニークで面白みのある印象のジュエリー に生まれ変わりました。


サファイアのブルーをより際立たせるため、ペンダントはチェーンを通すバチカンの部分に、ブレスレットはサファイアとサファイアの間に キラリと輝くかわいいメレダイヤ を埋め込んでいます。


単品使いはもちろんのこと、セットジュエリーとしても楽しんでいただければ と思います。


お客様、この度は大切な形見のお品のリフォームを谷口宝石にご依頼いただき、本当にありがとうございました。


谷口宝石では不思議なことに、同じタイミングで来店されたお客様が同じデザインを選ばれたり、同じような内容のリフォームばかり続いたり…、というような偶然がよくあります。


7月にダイヤモンド ⇒ 8月にルビー ⇒ 9月にサファイア、とマーキスカットのリフォームが続いておりますので、このまま他のお色のマーキスでリフォームを続けていければ… と、思っております。


エメラルド、アメジスト、トパーズ、アクアマリンなどなど、マーキスカットのジュエリーのリフォームをご検討でしたら、ぜひとも谷口宝石にご相談くださいませ♪

もちろん、ダイヤモンド、ルビー、サファイアのご依頼もお待ちしております。


■谷口宝石|リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


■谷口宝石|リフォームのご予約はこちら 

https://www.taniguchi-houseki.com/book-online

※日程がお決まりの方は、ぜひご予約の上、ご来店ください。混雑時はご予約のお客様優先となります※


■谷口宝石|リフォームに関するお問い合わせ

https://www.taniguchi-houseki.com/form

閲覧数:87回