立て爪リング+1で豪華にリフォーム



谷口宝石の一番人気、ダイヤモンドの立て爪リフォーム。

シンプルで使いやすい一粒ネックレスにリフォームされる方が圧倒的に多いのですが、個性的で豪華なデザイン にリフォームされる方も少なくありません。


最近は 立て爪リング+1 をお持ちになる方が増えています。

一文字だったり、エタニティだったり、プラス1の内容はお客様それぞれですが、元の材料が多いほど、リフォーム後のデザインの幅 は広がります。


今回、お客様がお持ちになったのは 立て爪リング+エタニティリング

お客様からは「すべてのダイヤモンドを使って指輪を作りたい」というご希望を頂きました。立て爪1石、エタニティ16石、合計17石のダイヤモンドを使った豪華な指輪にリフォームしていきます。


スタッフと職人が打ち合わせをさせて頂き、デザインは、中央に立て爪のダイヤモンド、その周りに16石のダイヤモンドを流線形に配置した少し動きのある感じに決定。お客様のご希望で、ダイヤモンドは 爪留め にすることになりました。


ダイヤモンドの留め方にはいくつか種類がありますが、代表的なのが 爪留め レール留め です


爪留めは、ダイヤモンドを地金の爪で固定する方法。光が入る面が多いので、ダイヤモンドがきらきらと輝き、石を大きく見せる効果 があります。


レール留めは、2本のレール状の地金の間にダイヤモンドを挟み込んで固定する方法。見た目がすっきりとスタイリッシュな印象 になり、また表面がスムーズなので、洋服に引っ掛かりすることもなく、普段使いしやすい のが特徴です。

完成しました指輪。

ひときわ輝く中央のダイヤモンドのまわりに16石もの一回り小さなダイヤモンドが取り巻き、既製品ではなかなか見かけないゴージャスな仕上がりとなりました。

お客様にも「理想通り!」と大変喜んでいただけました。


お客様、この度は谷口宝石に素敵なリフォームをご依頼頂き、本当にありがとうございました。



同時期にリフォームさせて頂いた「立て爪リング+1」の別の事例もご紹介します。

こちらは 立て爪リング+立て爪リング の組み合わせ。

大きさの異なるダイヤモンドは0.72ctと0.27ctで、3本の細いリングを組み合わせたような、女性らしいエレガントなデザインの指輪にリフォームさせて頂きました。

リングの部分にはメレダイヤを贅沢にたくさん埋めこんでいます。

もとは立て爪リングだった面影はどこにもなく、まるでオーダーメイドでお作りした1点もののような、ゴージャスな指輪に仕上がりました。


今回は、立て爪リング+1 のリフォーム例を2つ、ご紹介させて頂きました。

立て爪リングに、エタニティや一文字をはじめ、他のジュエリーが1つ加われば、リフォームのデザインの幅がぐっと広がります。


ダイヤモンドが煌めく豪華なデザインのジュエリーを既製品で買うとなると、なかなか手が出るお値段ではないことが多いですが、材料さえ揃っていれば 加工費だけで憧れのデザインのジュエリーを作ることができます。

皆さまのリフォームの参考になりますと幸いです。


■谷口宝石|リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


■谷口宝石|リフォームに関するお問い合わせ

https://www.taniguchi-houseki.com/form


■谷口宝石|ご予約はこちら

https://www.taniguchi-houseki.com/book-online

Copyright©2019 株式会社谷口宝石 All Rights Reserved.