2つの指輪をお花の指輪にリフォーム



かわいいダイヤモンドリングのリフォーム例をご紹介します。

お母様から貰われた2本の指輪を持ち込まれた、ジュエリー好きな様。

ひとつはお母様がお父様から貰われた婚約指輪、もう一つはお母様がN様のご祖母様から貰われた一文字のダイヤモンドリングです。

2本とも昔のデザインで石留めの部分に高さがあり、普段使いしづらいそう。

そこで今回、谷口宝石でジュエリーリフォームさせて頂くことになりました。


ご希望はダイヤモンドをお花のカタチに並べたデザイン。華やかで若い方に人気のデザインです。もともとジュエリーがとてもお好きなN様、同じようなデザインをインターネットでいろいろと研究されたそうで、ダイヤモンドの並べ方や石留めのカタチなど、細かい部分までこだわってのリフォームとなりました。


お花のデザイン枠は、もとの立て爪と一文字の指輪の地金を溶かして、ダイヤモンドの大きさに合わせてオリジナルで一から制作。お花の中央のダイヤモンドは立て爪リングから、花びらの部分は一文字のリングから使用しましたが、実は花びらのダイヤモンドがひとつ足らず...。

たまたま、同じぐらいの大きさのダイヤモンドのルースをN様ご自身がお持ちだったため、最後の一つはそちらを利用させて頂きました。意図せず、ご祖母様、お父様、お母様、様と、ご家族三世代、それぞれのダイヤモンドがコラボした想い出の指輪となりました。


完成しましたお花の指輪。

華やかでパッと目をひくデザインのため、指輪だけでなくネックレスとしても人気です。金の地金で作っても素敵ですよ。


立て爪リングからこのデザインにリフォームする場合、花びらの部分の石は谷口宝石でご用意することも可能です。もちろん、使用されないネックレスやピアスがありましたらお持ちいただいても大丈夫です。


N様、この度は素敵なリフォームを谷口宝石にご依頼いただきありがとうございました。


デザインには流行り廃りがありますし、また長い間使っていると飽きてくることもあります。売却して新しいものを買うのも素敵ですが、金やプラチナ、ダイヤモンドはアクセサリーと違って、溶かしてまた別のカタチにできるのが良いところです。

使わないジュエリーをお持ちの場合は【リフォームしてみる】も選択肢の一つとして、ご検討くださいませ。


★こちらもご参考ください

ブログ記事:お花のジュエリーの別リフォーム事例


■リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform

■メールでのお問合せはこちら

https://www.taniguchi-houseki.com/form

■お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:082-249-1223

Copyright©2019 株式会社谷口宝石 All Rights Reserved.