TOPへ戻る.jpg
ジュエリーのリフォーム_485.jpg
形見のジュエリーをリフォーム01_ミニバナー.jpg

「余りもの」を使ってジュエリーリフォーム|シンプルなリフォーム③



片方失くしてしまったピアスやイヤリングなど、使い道がなく、引き出しのすみっこに転がったままになっているジュエリーはありませんか?

今日はそんな「余りものジュエリー」を使った簡単リフォーム をご紹介します。


【A】こちらは 長さ調整のためにカットしたブレスレット の余りもの。小さなかわいいダイヤモンドが8個つながった状態になってます。

縦にぶら下げるとゆらゆらと揺れる特徴を活かし、ペンダントトップにリフォームをさせて頂きました。


チェーンを通すバチカンをつけるだけの簡単リフォーム で、使い道のなかった切れ端がかわいいペンダントに生まれ変わりましたよ♪


【B】こちらは いろいろなアレンジが楽しめそうなリフォーム です

女性の方なら1本はお持ちの真珠のネックレス、長さ調整で抜いた真珠玉をそのままお持ちの方も、少なくはないのではないでしょうか?


今回は余った真珠を5つお持ちでしたので、18金製のきらきらと光るビーズを間に挟み、エレガントな印象のネックレスにリフォーム をさせて頂きました。

ビーズを使わずに真珠だけでシンプル作ってもかわいいですし、1個、3個、5個…と真珠の数を変えても作っても印象が変わりますよ。

チェーンを他のネックレスと共有したい方は、バチカンをつけて 一粒真珠のペンダント にリフォームするのがおすすめです。


【C・D】こちらはそれぞれ、片方を失くしてしまったピアスとイヤリング。

どちらも落としやすいジュエリー のため、「片方だけ」をお持ちの方は多いのではないでしょうか?


Cは、お客様がお持ちの18金のネックレスと組み合わせて、2連のブレスレットにリフォーム しました。涼しげなアクアマリンがアクセントになってかわいいですね。


Dは、繊細な18金の細工に真珠とエメラルドが埋め込まれたイヤリング。元のデザインをそのまま活かし、シンプルな指輪と組み合わせて、上品な指輪にリフォーム しました。華やかなデザインが指輪によく合っていますね。


以上4つ、「余りもの」を使った簡単リフォーム をご紹介させて頂きました。

どれもとてもシンプルなリフォームですが、素敵なジュエリーに生まれ変わっていますね。


広告などでは、ダイヤモンドや宝石をたくさん使った華やかでゴージャスなジュエリーリフォームの写真をよく見かけますが、使いやすくしたり、余ったものを有効活用することもリフォームの立派な目的 です。


引き出しやジュエリーボックスの片隅に、余りものジュエリーが眠っていましたら、「自分らしく」有効活用してみるのはいかがでしょう。

アイディアやデザイン、ご予算など、お気軽に谷口宝石までご相談くださいませ。


■参考:その他のシンプルなリフォーム例はこちら


■谷口宝石|リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


■谷口宝石|リフォームに関するお問い合わせ

https://www.taniguchi-houseki.com/form


■谷口宝石|ご予約はこちら

https://www.taniguchi-houseki.com/book-online

bg_red02.jpg
おすすめ記事