TOPへ戻る.jpg
ジュエリーのリフォーム_485.jpg
形見のジュエリーをリフォーム01_ミニバナー.jpg

家族で引き継いできた「地金」をペアリングにリフォーム


前回のブログでは ご祖母様の指輪を結婚指輪にリフォーム した事例をご紹介しました。


 参考ブログ:形見の指輪を結婚指輪にリフォーム


谷口宝石ではご家族の形見の指輪や思い出の指輪を 結婚指輪やペアリングにリフォーム する依頼を多くいただいております。今回はお母様が大切に使われていたペアリングをリフォームされた事例をご紹介します。

ご依頼くださったのは20代のご夫婦K様。

お持ちになったのは旦那様が、お母様から引き継がれた 幅広のペアリング です。


もともとはお母様が、ご両親が使われていた貴金属を溶かしてペアリングにリフォームした想い出の指輪 なんだそう。長い間、とても大切に使われていたそうですよ。


この度、そのペアリングをK様が引き継がれ、今度は 自分たち夫婦が使うペアリングとしてデザインをリフォームしたい と、谷口宝石にご来店されました。


お母様が長らく大切に使われていたので「幅広リング」への想いがとても強く、お客様からは「今回もデザインは幅広にしたい」とご希望をいただきました。ジュエリー職人が早速デザインを制作します↓。

お客様のイメージをお聞きしながら、何度かデザイン画のやり取りをさせて頂き、最終的に画像右の ゆるいV字型のデザイン に決定。旦那様の指輪はご希望通りに幅広で、奥様のリングは幅は細目で正面にメレダイヤを3石埋め込んだデザインで製作することになりました。アシンメトリーなデザインが素敵ですね。


完成したペアリングがこちらです。


シンプルな幅広リングが、個性的で素敵なV字型デザインのペアリング に生まれ変わりました♪


鍛造製法ならでは滑らかな質感と程よい重厚感写真からも伝わりますでしょうか?


お客様にも仕上がりを気に入って頂きました。K様、この度はお母様が大切に使われてきた指輪のリフォームを谷口宝石にご依頼いただき、ありがとうございました。


指輪の地金は、もともとお母様のご両親が使われたた貴金属を溶かしたもの。

つまりこの指輪の地金は 3世代に渡り、家族の歴史とともに引き継がれてきた「金」ということです。とても素敵ですよね。


金やプラチナの素晴らしいところは、劣化せず、このようにカタチを変えながら 世代を超えて引き継ぐことができる ということです。この先も ご家族の財産 として末永く引き継いでいただければと思います。


金やプラチナなど貴金属の地金は劣化しませんが、デザインには流行り廃り があります。谷口宝石ではジュエリーリフォームでデザインやカタチを変えることで、形見のお品や想い出のジュエリーを末永く引き継いでいくお手伝いができれば と思っております。


宝石やジュエリーのリフォームのことならなんでも、お気軽に広島本通【谷口宝石】までご相談くださいませ。


■ 谷口宝石|リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


■ 谷口宝石|リフォームに関するお問い合わせ

https://www.taniguchi-houseki.com/form


■ 谷口宝石|ご予約はこちら

https://www.taniguchi-houseki.com/book-online