TOPへ戻る.jpg
ジュエリーのリフォーム_485.jpg
形見のジュエリーをリフォーム01_ミニバナー.jpg

宝石の向きを変えてみよう|指輪→ネックレスにリフォーム


1月の誕生石「ガーネット」と2月の誕生石「アメジスト」の指輪をネックレスにリフォームさせて頂きましたので、ご紹介します。


実は昨年の12月、63年ぶりに「日本の誕生石」が改訂されて新しく10石が仲間入りしました。1月だけは「ガーネットのみ」で1種類のままなのですが、他の月は選択肢が広がり、2種類以上の宝石から、色や石言葉で「誕生石」を選ぶことができるようになりました♪

こちらで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。


>>参考記事:誕生石が63年ぶりに改訂|新しく追加された誕生石で...


新しく追加された宝石の中には、発見されて100年ほどの歴史が浅い石も多くありますが、今回ご依頼いただいた「ガーネット」と「アメジスト」は 紀元前数千年前から歴史に登場する世界最古の宝石 のひとつ。


ガーネットは、神様が世界を創りなおした旧約聖書『創世記』で、暗闇を照らす灯として「ノアの箱舟」に吊り下げられていた と、アメジストはギリシア神話で お酒の神バッカスのために水晶に変えられた美しい少女の化身 だと言われています。


歴史の古い宝石には色んな逸話や伝承があり、それに応じたパワーや効果を持っています。自分の誕生石を購入する時は、その宝石の歴史を調べてみるのも楽しいですよ。


さて、今回お持ちいただいたのは指輪は、ご家族の形見のお品。

宝石の土台がしっかりしていて、横からみると飛び出している昔ながらのデザインです。若い方の普段使いに、ちょっと重めのデザインですね。


シンプルなネックレスにリフォームして2人のお嫁さんにプレゼントしたい とご希望をいただき、谷口宝石でリフォームさせて頂きました。


今回のリフォームのポイントは 宝石の向き です。

同じ宝石でも「石の向き」が違うだけで、ジュエリーのイメージは変わります。既製のジュエリーの場合、ネックレスでも指輪でも 宝石が縦向き に使われていることが多いのですが、宝石を横向きに変えることで カジュアル感がアップし、個性的な雰囲気のジュエリー にすることができますよ。


スタッフが「横向き」をご提案したところ、お客様も気にアイディアを気に入ってくださり、宝石の向きを変えてリフォームをさせて頂きました。

完成したネックレスがこちらです♪

いかがでしょうか、既製品でよく見かける石を縦向きに使ったネックレスとは、ちょっと違った雰囲気に見えませんか? あまり見かけない分、目新しさもあり、シンプルながらも個性的なネックレス に仕上がりました。

お客様、この度は谷口宝石にリフォームをご依頼いただき、ありがとうございました。


大きめカラーストーンの指輪 → ネックレス・ペンダントに変えるリフォーム は谷口宝石でも特に多いご相談のひとつ。デザインは変えず、宝石部分をそのまま指輪から切り離したり、シンプルな枠に取り換えたり、また地金を溶かして全く別もののジュエリーに作り直したり、方法はさまざまです。


>>参考記事:指輪をペンダントにリフォームする3つの方法をご紹介♪


今回ご紹介した 宝石の向きを変えるというアイディア も簡単にジュエリーのイメージを変えることができるおすすめの方法です。縦、横だけでなく、少し角度をつけてアシンメトリーにしても個性的でかわいいですよ。

石のカタチにもよりますが、低予算で気軽に行えるリフォーム なので、興味がありましたらぜひスタッフまでご相談ください。


■ 谷口宝石|リフォームのご案内

https://www.taniguchi-houseki.com/reform


■ 谷口宝石|リフォームに関するお問い合わせ

https://www.taniguchi-houseki.com/form


■谷口宝石|ご予約はこちら

https://www.taniguchi-houseki.com/book-online